ウチナンチュの心、沖縄そば!

なんと、沖縄県内で1日に約2万食も消費されるというのが沖縄そば。『ゴーヤーチャンプルー、ソーミンチャンプルー食べたいなぁ』とつぶやくウチナンチュは少ないが、『沖縄そば食べたいさぁ!』と叫ぶウチナンチュは数え切れないほどいる。ほぼ、中毒に近い。

普段、家庭で食する沖縄そばは、大手製麺所が手がける沖縄そばの麺が使用される。これが各々の沖縄そば専門の店舗では生地打ちから手作りでこだわっている場合の美味いこと美味いこと(๑╹ڡ╹๑)ノ

沖縄そば(軟骨ソーキ、三枚肉、てびち)

沖縄そばと一口で言ってもその味、種類は様々。同じ名称でも店舗(作り手)やだしの取り方で味は全然違ってくる。沖縄そば好きのことを『沖縄そばじょーぐー』と親しみを込めて呼ぶが、そばじょーぐー達には必ずといっていいほど行きつけの沖縄そば屋さんがある。

沖縄そばの始まりは、という歴史うんちくはこのホームページでは述べない。それは沖縄観光本で調べて下さい。沖縄写真素材では、沖縄そばの写真を見て、ヨダレを垂らしてもらい、沖縄そば中毒を一人でも増やしたいという思い(願い)が込められています。

エトール・アメージングラム

さまざまな沖縄そば

麺の細さ、太さ、色形、スープの色・透明具合、載っている具材の種類・サイズなど食材にばかり目がいきがちな沖縄そばだが、よく観察してみるとその器にもお店独自の、店主のこだわりが詰まっているのがよくわかる。ウチーナーすばは、味・香りだけに非ずということを理解して欲しい。

ミヤナガ PV瓦用ダイヤディスク PVHPD90 ダイヤモンド砥石

沖縄そばには様々なサイドメニューが存在しているのです。じゅーしー、フーチバー(よもぎ)、紅しょうが、コーレーグースなどなど、ひと味もふた味も楽しめるのが醍醐味でもあるのです。そこで私が目にしたサイドメニュー(と言えるかどうか不安なのもありますが)をご紹介させて頂きます。

その他

沖縄そば屋さんを巡ってみると、各店舗、店主のこだわりが垣間見える。味だけでなく店舗自体の作りや店内の装飾インテリアなど注意してみてみるとその嗜好趣味には並々ならぬこだわりが感じられる。そんなところにも注目しながらもそばを楽しんでみるといいかもしれない。

ミヤナガ PV瓦用ダイヤディスク PVHPD90 ダイヤモンド砥石

SYPAUDITORES.CL RSS